リマの品質基準

リマでは、下記の7つの品質基準に基づき、商品を選定しています。

自然食品の品質基準

自然食品とは一般的な自然食品の基準で選択した安全な食品です。その品質基準は以下の3点です。

1. 有機栽培(オーガニック)優先

有機JAS法に基づいた農産物を優先しています。
3年以上 農薬・化学肥料・除草剤を使用していない安全な農産物原料を努めて使用しています。

JASマーク
有機JASマーク
有機JASマーク商品は、日本農林規格に基づいて生産された食品です。

2. 食品添加物不使用

天然・合成を問わず、毒性の強い食品添加物は使用してい ません。
安全性・機能性が明確で、製造に不可欠な添加物 (例:にがり等)は認めています。

3. 遺伝子組み換え作物不使用

DNA操作による遺伝子組み換えのある食品は使用していません。

マクロビオティックの品質基準

上記のような一般的な自然食品の品質基準をクリアした食品の中から、
さらに、当社独自の品質基準(マクロピオティックの考えによる基準)により、
下記の観点から食品を選定しています。

1. 圏内産優先

日本圏内で栽培された農産物を最優先します。
やむを得ず輸入品を取扱う場合でも、ポストハーベスト(*1)や燻蒸(*2)による汚染がある商品は取扱いません。

*1 収穫後の作物に農薬を使用すること
*2 農作物の保管の際に殺虫剤を散布すること

2. 伝統製法優先

昧噌・醤油などは天然・長期熟成法で醸造された製品、
油などは圧搾法で製造された製品など、伝統製法の製品を取り扱います。

3. 精製糖不使用

精製度の高い甘昧料は使用していません。
*一部嗜好性食品を除く

4. 動物性原料不使用

牛・豚・鳥などの動物性食品は使用していません。

上記の品質基準による品質保持を最優先

気象条件等による農産物供給量の低下や、それに伴う価格変動がおこる場合があり、 予告なく商品価格を変更せざるを得ない場合や品切れすることがございます。 ご理解、ご了承お願い申し上げます。